症状

多くは胆嚢炎と合併して発症します。発熱・悪寒、右上腹部痛に加え、黄疸が現れるのが特徴です。

総胆管結石があるケースでは、胆管末端部に腫瘍ができ(急性閉塞性化膿性胆管炎)、敗血症を起こすこともあります。この場合は、ショック状態におちいり、生命にかかわることがあります。

原因

総胆管結石や胆管がんによって胆汁がうっ滞しやすくなり、細菌感染を引き起こします。

治療法

急性閉塞性化膿性胆管炎では、緊急に胆管内のうみを取り除かなければなりません。排膿は、内視鏡を用い、十二指腸からカテーテルを入れてドレナージを行いますが、それが困難なときは開腹手術を実施します。

通常の胆管炎では、絶食して、安静を保ち、点滴による栄養補給を行います。それとともに、抗菌薬や鎮痛薬を服用し、総胆管結石があるときは、除去します。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter