症状

急性リンパ性白血病では、未熟なリンパ球が増殖しますが、慢性リンパ性白血病では、比較的成熟したリンパ球が増殖するため、症状の現れ方もゆっくりとしているのが特徴です。リンパ球が増加するだけの初期には症状はありません。やがて、リンパ節が腫れてきて、次いで脾臓や肝臓の腫れがみられるようになります。脾腫・肝腫にともなう貧血症状が起き、さらに血小板が減少し始めます。

原因

リンパ球が増加する原因は、まだ究明されていません。

治療法

主体になるのは抗悪性腫瘍薬による化学療法です。体内に備わっている抵抗力を増強させる生物製剤(モノクローナル抗体)を用いる場合もあります。50歳以下の患者では、骨髄移植が有効です。

そのほか、腫れた脾臓やリンパ節に対する放射線療法が必要になることもあります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter