症状

大腿(ふともも)の外側にしびれや痛みを生じ、それが膝関節や下肢、場合によっては臀部や大腿内側に広がっていきます。

腰痛や股関節痛をともなうこともありますが、腰椎椎間板ヘルニアや股関節変形症とは異なります。進行すると、痛みが強くなり、歩行困難になることもあります。

原因

大腿外側にある神経が鼠径部(脚の付け根部分)の靭帯で圧迫されるために、症状が現れます。圧迫される原因が不明のケースが少なくありませんが、きついベルトやコルセット、ジーンズなどをつねに着用していることと関係することもあります。

治療法

軽症の場合は、安静と原因除去に努めます。痛みが強いときは、痛みを起こしている神経または神経根に局所麻酔薬やステロイド薬を注入して痛みを遮断する神経ブロックを行います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter