症状

膣や肛門部の違和感と、排便障害などが起こります。

原因

直腸と膣の間の結合組織が弱くなり、骨盤や会陰が下がることで起こります。

治療法

ペッサリーで固定しますが、場合によっては前方の括約筋を形成し、直腸瘤を縫い縮める手術を行うこともあります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter