症状

なんの前触れもなく、睾丸に激しい痛みが起こり、陰嚢が赤く腫れ上がります。発熱はありません。思春期に多いのですが、新生児や成人でもまれに起こります。

原因

精巣と腹部をつなぐ精索と呼ばれるヒモ状の部位がねじれる病気です。精索の中には精索動脈や精索静脈があり、ねじれると血流が止まって激しく痛みます。

思春期には精巣が急激に大きくなるため、捻転が生じやすくなります。

治療法

放置すると精索内の血管が締めつけられて血液が流れなくなり、精巣が壊死します。

症状が現れて4〜6時間以内に手術を行い、ねじれを整復して精巣を固定します。その際に、反対側の健康な精巣も予防的に固定します。

6時間以上経過していると手遅れの場合が多く、精巣が壊死しているときは摘出することになります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter