症状

最初は高い音が聞き取りにくくなり、しだいに低い音も聞こえにくくなります。変化がゆるやかなので、耳が遠くなったことをなかなか自覚できません。周囲の人から指摘されて気付くケースがほとんどです。

また、ほかの難聴と違って加齢による難聴は、音が聞こえないだけでなく、言葉を聞き取る能力も衰えてくるため、耳元で大声で話しかけられてもうるさく感じるだけで、言葉はよく伝わりません。ニュース番組のアナウンサーの話すことは聞き取れるが早口で話す漫才や歌はわからないというのも老人性難聴の1つの特徴です。

老人性といっても、早い人では、30歳代から始まることがあります。

原因

老化によって、聴覚中枢や中枢までの伝達路、内耳の感覚細胞が衰えるためと考えられています。

治療法

現代の医学では、難聴の進行をくい止めることは不可能です。一般的には薬剤が用いられますが、効果は期待できず、補聴器の使用が唯一の方法です。

補聴器には、耳掛け型、耳穴型、箱型(ポケット型)などいろいろなタイプがあります。どのタイプが適しているかは、難聴の程度によります。耳鼻科で検査を受け、医師に補聴器をつけたほうがよいか診てもらってから、信頼できる専門店で購入しましょう。専門店では、聞こえに合うように調整してもらうことができます。その意味では、通信販売などを利用するのは避けたほうが無難です。

補聴器を使用する際に最も大切なのは、補聴器を通して聞こえる音は通常の音とは異なるという点をよく理解し、音に慣れることです。この慣れは、めがね以上に必要といえます。そして、定期的に調節することが大切です。また、合わないと感じたときは、そのつど調節してもらいましょう。

なお、補聴器は一生ものではないので、5〜6年に一度をめどに買い替える必要があります。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter