症状

この病気自体の自覚症状はありませんが、膀胱に細菌が感染すると膀胱炎から腎盂腎炎を発症し、発熱や腰痛、尿の混濁、排尿時の痛みなどが生じてきます。

原因

膀胱に本来備わっている尿の逆流を防ぐ機構が障害され、尿が尿管、腎臓へと逆流する現象です。

最も多い原因は、尿管の走行を維持する平滑筋が弱く、膀胱内の尿管が通常の長さに発達できなかったためで、これは先天的なものです。

後天的なものは、前立腺肥大症、神経因性膀胱などが原因になる場合もあります。

治療法

先天的なものは成長とともに治ることが多いので、感染予防を心がけながら経過観察をします。治らない場合は、逆流を防ぐための手術を行います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter