症状

視神経の中心が萎縮すると視野の中心が欠け、辺縁の神経が萎縮すると視野狭窄として現れます。

原因

視神経をおかす病気に繰り返しかかったり、緑内障、ぶどう膜炎、網膜中心動脈閉塞、栄養障害、薬物中毒などで引き起こされます。また、遺伝による視神経萎縮病もあります。

治療法

萎縮がそれ以上進まないように、原因となる疾患があればそれを治療します。ビタミン剤、血管拡張薬も使用します。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter