症状

消化器から肝臓へ栄養分を運び込んでいる静脈を門脈といいますが、この門脈内圧が高まった状態をいいます。その結果、血液が肝臓に流れにくくなり、消化管から状大動脈に流れるルートで血液量が増え、静脈瘤ができやすくなります。形成された静脈瘤が破裂し、消化管出血(吐血、下血)を起こすことがあります。

肝機能低下による肝性脳症を引き起こし、意識障害が生じる場合もあります。

さらに、脾臓(膵臓の尾部にある臓器)の腫れや腹水が現れることもあります。

原因

原因の大半は肝硬変によるもので、肝臓が血液の流入を受け付けなくなるため、門脈に血液がうっ滞して発症します。

門脈が詰まる門脈閉塞症や、肝臓出口の肝静脈が詰まるバッドキアリ症候群なども原因になるといわれています。

治療法

食道や胃に静脈瘤がある場合は、破裂を予防するための処置(硬化療法や結紮療法)を行います。腹水を改善するためには、利尿薬を用い、減塩食に替えます。脾臓の腫れが強い場合は、摘出術を行います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter