症状

鼻腔に異物が詰まった状態です。放置すると、中で感染を起こし、悪臭のある膿のような鼻汁が出て、鼻のまわりがただれることがあります。幼児に多くみられます。急に鼻づまりを起こしたり、膿のような鼻汁が片方の鼻からだけ出てきた場合は、鼻腔異物を疑ってみます。

原因

豆や紙くず、スポンジ、金属の玉、おもちゃやその部品などを詰まらせて起きるケースが多くみられます。

治療法

詰まっているものをあわてて取り除こうとすると、誤って奥に押しこんだり、勢いで吸い込んだりして、気管にまで入ってしまうおそれがあります。様子がおかしいと思ったら、耳鼻咽喉科を受診しましょう。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter