パーキンソン病の治療について

薬で病気の症状を軽くするのが治療のメイン残念ながら今の時点では、パーキンソン病を完全に治す方法はないので、治療は症状を軽くする対症療法が中心になります。治療のメインとなるのが...

詳しくはこちら

外科的治療について

ジスキネジアや幻覚などの副作用が出たら手術を考慮さまざまな治療薬をうまく組み合わせたり、リハビリを行ったりすることで、パーキンソン病の進み方はかつてよりもゆっくりになり、経過も改...

詳しくはこちら

パーキンソン病で使われる薬

パーキンソン病の薬のほか副作用を抑える薬が処方されることもパーキンソン病で主に使われる薬は減ってしまうドーパミンを補うL-ドーパ製剤、脳を刺激してドーパミンが分泌したときと同じよ...

詳しくはこちら

L-ドーパ製剤

ドーパミンの原料となるL-ドーパ製剤パーキンソン病は脳の中のドーパミンが足りなくなって起こる病気です。ですからドーパミンを薬として補充できれば、症状がなくなって元のように動けるよ...

詳しくはこちら

ドーパミン受容体作動薬

効き目は弱いがウェアリングオフ現象やジスキネジアは少ないドーパミン受容体作動薬は、黒質からドーパミンを受け取る線条体の受容体にドーパミンが分泌された場合と同じような刺激を与えて、...

詳しくはこちら

抗コリン剤

ふるえの改善に効果的だが物忘れがひどくなることも脳の線条体の中ではドーパミンとアセチルコリンという神経伝達物質がバランスをとり合って働いています。パーキンソン病はこのうちの筋...

詳しくはこちら

その他の薬

塩酸セレギリン脳内のドーパミンを分解する酵素(モノアミン酸化酵素)の働きを抑える薬が塩酸セレギリンです。日本で使われるようになったのは1998年からで、L-ドーパ製剤と一緒に使わ...

詳しくはこちら

遺伝子治療について

ホーン・ヤールの重症度分類Ⅳ度の患者さんが歩けるようになった例もパーキンソン病の治療法には、さまざまな薬、手術、リハビリ、鍼など、たくさんのバリエーションがあります。ですから、あ...

詳しくはこちら

鍼治療について

パーキンソン病の患者さんは交感神経が優位で顆粒球が多い自律神経のバランスによって、白血球の中の顆粒球とリンパ球の比率は変わります。交感神経が緊張すると顆粒球の数が増え、リンパ球の...

詳しくはこちら