症状

発熱、頭痛、嘔吐、下痢などのほか、首のうしろが硬くなって前に曲げると痛む項部硬直などがみられますが、重症化することはほとんどありません。ウイルス性脳炎にかかった人の多くが、この病気を併発します。

原因

脳と脊髄を包んでいる髄膜に、エコーウイルス、コクサッキーウイルス、ムンプスウイルス、単純ペルペスウイルス、麻疹ウイルスなどが入り込み、炎症を起こすものです。

治療法

通常は、1週間程度で自然に治るので、特別な治療は必要ありません。