MENU

白内障の原因とは

カメラで言うところのレンズにあたる水晶体は、もともとは無色透明なのです。加齢とともにこのレンズに濁りが生じて、混濁するのが白内障と言う病気です。高齢になると皮膚にシミやシワができるのと同様に、老化現象のひとつなので、誰にでも起こります。加齢による白内障は、老人性白内障とか加齢性白内障と呼ばれています。

一般的に水晶体は40歳を過ぎる頃から徐々に濁りが現れます。どの程度で病気と判断するかは難しいところですが、日本白内障学会の調査によると、50代の約4割、60代で約7割、70代になると8割前後。さらに80代になると10割の人に混濁が見られるとされています。

白内障になりやすい人の特徴とは

白内障の主な原因は加齢ですが、特になりやすい人がいると言うわけではありません。年齢を重ねるほど白内障にかかるリスクは高くなるので、40歳を過ぎたら年に1回は眼科検診を受けることをお勧めします。

加齢以外で白内障のリスクを高めるものとしては、糖尿病ステロイド剤の目薬や内服薬紫外線や放射能の曝露眼球の外傷などがあります。

糖尿病患者と健康な人を比較すると糖尿病患者の白内障発症率は5倍と言われています。また血糖コントロールが悪いほど白内障も悪化する傾向にあります。

アレルギー疾患の治療で使われるステロイド剤は、塗り薬より内服薬の方が白内障にかかるリスクが高いと指摘されています。ステロイド白内障は30代から40代の若い世代にも散見されます。

白内障の初期症状とは

白内障の主な初期症状は下記の4つです。

  • 日光の照り返しや道路の白線などがまぶしく感じる
  • 日常的に目の前の景色がぼんやりと霞んでいる
  • 物が二重や三重に見える
  • テレビの画面等が暗く感じる

これらは、水晶体を通過する光が、濁りにぶつかって乱反射したり拡散ピントがずれるために起こる症状です。

白内障の種類

皮質白内障

加齢による白内障で最も多いのはこのタイプです。水晶体の中心にある核の部分ではなく外側にある皮質に白い濁りが現れます。そこに光がぶつかって散乱するため、初期段階では特に眩しさが強く感じる様になります。混濁は次第に中心部へと広がりますがその進行は比較的ゆっくりです。

核白内障

水晶体の核の部分が硬くなり、黄ばんだ濁りが発生するのが核白内障です。特徴的な症状は、本来は白色であるものが黄色いフィルターがかかった様にみえます。また中心部が硬くなるので光の屈折率が変わり、近くのものがよく見えるようになるので、老眼が改善したとか、近視が進んだように感じるのも核白内障の特徴のひとつです。

後嚢下(こうのうか)白内障

これも皮質の濁りにより発症するのですが、皮質白内障とは違い水晶体の後ろ側を包んでいる後嚢(こうのう)に近い部分が濁ってきます。進行が早いので短期間で視力が低下します。糖尿病白内障ステロイド白内障などに多く見られる症状です。

次の『白内障の治療法』へ