動脈硬化は血管壁にプラークや血栓が溜まり血液の流れが悪くなる病気です。

知らぬ間に進行する動脈硬化


血液には酸素や栄養素を体中に送り、老廃物の二酸化炭素を回収する働きがありあす。血液を通る道が血管ですが、血管にも大動脈や小動脈、細動脈や毛細血管など太さや厚さの異なる様々な種類があります。

きれいな血液であれば、どんなに細い血管でもサラサラと流れますが、ドロドロになった血液の場合は当然ですが血液の流れは滞ります。つまり体のすみずみまで酸素や栄養素が運ばれなくなってしまうということです。

更に問題となるのが、ドロドロ血液が長期間続くと血管そのものにも障害がでてしまうということです。

ドロドロ血液が血管の中を流れ続けると血管壁が傷つき、血管の内側が狭くなったり、血管壁が硬くなります。この状態を動脈硬化といいます。

ドロドロ血液が原因となる動脈硬化は急増しており今後も増えていくと考えられています。

実は動脈硬化が死因のトップ?

日本人の死因の第一位は『がん』で全体の3割を占めており年々増加傾向にあります。

しかし、ここで注目すべきは死因の第二位と第三位。

二位の『脳血管疾患』と三位の『心疾患』は実は両方とも動脈硬化に起因する血管の病気なのです。そして、この二つの死亡率の合計は一位のがんとほぼ同じ値になるのです。

自覚症状もないまま血液がドロドロの状態になり、知らない間に動脈硬化が進行し、ゆっくりと血管病になりつつあるというのが現代人の状況なのです。

動脈硬化による危険な病気を予防するためには、ドロドロ血液を放置せず、サラサラ血液に戻ることが何よりも重要になってきます。

次の『動脈硬化の最新知識』へ

PAGETOP
Copyright © 生活習慣病と言われたら All Rights Reserved.