糖尿病は血液中のブドウ糖(グルコース)の濃度(血糖値)が高い状態が続く病気です。

糖尿病とは?

エネルギーに必要不可欠なブドウ糖

私たちが日々の生活を活動的に過ごすためにはエネルギーが必要です。このエネルギーを私たちは毎日の食事で得ています。食物から摂取した糖質は胃や腸で分解されブドウ糖となって血液の中を流れています。

人間には血液中にブドウ糖が増えすぎないように一定の濃度に調節する機能があります。ちなみに健康な人の血中ブドウ糖濃度は約100mg/dlと言われています。

満腹感を得るまで食事をしても血糖値は160mg/dlを超えることはほとんどありません。

血糖値を一定に保つシステム

糖尿病とは血液中のブドウ糖濃度が慢性的に高い数値になっている状態を言います。血糖値を一定濃度に保つシステムが機能しなくなる原因として考えられるのがインスリンやグルカゴンというホルモンの影響です。

一般的に糖尿病は、膵臓で分泌されるインスリンの量が減り、血液中のブドウ糖の濃度を低下させる機能が働かなくなることが最大の原因と考えられています。

なぜインスリン不足になるのか?

インスリンに異常が発生する理由は3つあります。

1.インスリンの絶対量が足りなくなる

膵臓のランゲルハンス島にあるベータ細胞がインスリンを分泌する能力を失ってしまう。

2.インスリンの分泌量が少ない

通常は食事をすると食事量に見合ったインスリンが分泌されるが、分泌が遅れたり不足したりする。

3.インスリンの機能がうまく働かない

インスリンが細胞内のブドウ糖濃度を下げるためには、送り込まれた細胞側にインスリン受容体がなければなりません。インスリンと受容体のバランスが崩れたり、受容体がインスリンを細胞内に運ぶ機能に支障がでると結果的に血糖値が高くなってしまいます。

糖尿病の危険因子

糖尿病は遺伝的な素因から生まれつき糖尿病になりやすい体質の人が様々な誘因によって発病すると考えられています。

肥満

糖尿病を発病する一番の要因。肥満により体脂肪が増え脂肪細胞からインスリンの働きを低下させる物質が分泌されます。このため膵臓がインスリンの分泌を増そうとするが膵臓が疲弊してインスリンを分泌しなくなります。

過食

過食によって急激に増えた血液中のブドウ糖を調整するために膵臓がインスリンを懸命に分泌するのですが高血糖状態が続くことでベータ細胞が壊れてしまいインスリンの分泌能力が低下していきます。

ストレス

ストレスを感じると拮抗ホルモンやアドレナリンといったインスリンの作用と対立するホルモンが分泌され、血糖が上昇し糖尿病の発症を増進させてしまいます。

妊娠

妊娠すると胎盤から分泌されるホルモンによってインスリンの働きが妨げられ糖尿病を発病しやすくなります。殆どの場合は出産すると元に戻りますが例外的に戻らない場合もあります。

加齢

加齢によって糖質の利用が減っていき、細胞そのものが老化してしまい膵臓の働きが弱まり食後の血糖値が下がりにくくなります。

次の『糖尿病の怖さ』へ

PAGETOP
Copyright © 生活習慣病と言われたら All Rights Reserved.